就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較! » パーソナルトレーナーになるにはどうしたらいい? » パーソナルトレーナーの集客方法を知る

パーソナルトレーナーの集客方法を知る

パーソナルトレーナーの集客方法

パーソナルトレーナーという職業が人気になり始めてから少し時間が経ちました。プロスポーツ選手のパーソナルトレーナーや、ジムなどで個人のお客さんに対して指導を行うパーソナルトレーナー、様々な形でトレーニングに関する指導を行う人が増えています。特にパーソナルトレーナーは自分のお客さんとなる人を確保できないと、そもそも仕事が始まりません。ジムに所属しているパーソナルトレーナーであれば固定のお客さんを確保する必要があり、フリーランスのパーソナルトレーナーの場合、基本的に自ら集客する必要があります。ここでは、パーソナルトレーナーがどうやってお客さんを集めるべきかを解説します。

まずは自分の強みを知ることから

パーソナルトレーナーであっても、プロのスポーツ選手であっても、転職活動中のサラリーマンであっても、まずは自分のことを知ることから始めます。パーソナルトレーナーという言葉を聞いて、どんなイメージを持つでしょうか。個人的にトレーニングを指導してくれる人というイメージでしょうか。それでは少し曖昧です。自分がパーソナルトレーナーになったとして、具体的にどのような指導を誰に対して行っているのかを明確に描けている必要があります。自分がどういうパーソナルトレーナーで、どういうことを指導するのが得意なのか、これまで実績があるのかといったことをしっかりと分析する必要があります。

パーソナルトレーナーは、お客さんの筋トレのメニューを考えるといった肉体的な指導の側面、どのようにトレーニングを続けるかといった精神的な側面、理想の身体を作るためにどのような食事を行うべきかといった栄養学的な側面の3つの側面から指導を行います。自分でも筋肉を鍛えるのが好きで、高負荷な筋トレを行うタイプのパーソナルトレーナーであれば、筋トレメニューの指導を得意としたパーソナルトレーナーとして活躍することができるでしょう。一方で、管理栄養士等の資格を持っている場合は適度な運動と食事法で健康を目指したいお客さんへの指導ができるでしょう。自分の得意な指導方法を分析するのが大事です。

差別化が大事

自分の強みを理解すると共に差別化を図ることも大事です。パーソナルトレーナーの人口は増えているので、なかなか差別化ができない時代となっています。自分の強みを認識し、他のパーソナルトレーナーとどこが違うのか、どういったポイントで違うバリューを出せるのかを見つけましょう。ライバルの分析を行い、自分の強みと比較するといったことも有効です。他のパーソナルトレーナーにできない自分だけのトレーニングメニューやお客さんとの接し方などを模索することが近道になるでしょう。

ターゲティングを明確にする

自分の強みがわかり、他のパーソナルトレーナーにできないことがわかったところで、次に行うのがターゲティングです。どういったお客さんを狙って集客を行うのかという点になります。自分の強みが楽しくトレーニングを続けてもらうように工夫できることであったとしましょう。ダイエット目的でパーソナルトレーナーに依頼をしてきているお客さんからすれば、ずっと無理なく続けられて達成感のあるトレーニングを受けることができるならばそれに越したことはありません。ターゲットをしぼって集客をかけることで、自分の強みを活かした仕事ができるはずです。

具体的に集客を行う

さて、自分の強みを把握し、ターゲットが絞れてきたところで具体的に集客を行いましょう。集客の方法は非常に様々です。昔はジムに通っているお客さんでパーソナルトレーナーを付けたい人が依頼をするという形が一般的でしたが、今はSNSやブログなど方法もあります。しかし、ただSNSを発信するだけではいけません。しっかりとやり方を把握していないとずっと集客ができないままとなってしまいます。それぞれの特徴を見極めて、自分のターゲットとするお客さんを集めやすい方法に注力するのが良いでしょう。あれもこれもと行っても効果が薄いままとなってしまう可能性があるので注意が必要です。

SNS・ブログでの集客

SNSやブログでの集客というのは今や一般的と言えるでしょう。SNSはツイッターやLINE、Facebookなどを指します。最近ではYoutubeでの動画配信なども効果があります。気を付けなくてはいけないのは、自分の言動は多くの人に見られており、それぞれの人が抱く印象は異なるということ。自分がターゲットとしている人が適度な運動で健康を目指す40代の主婦だったとしましょう。でも、自分の流すメッセージや動画が筋力増強を目指すものだったらどうでしょう。興味がないと感じてそもそもメッセージを見てもらえないかも知れません。そして一度付いた印象をぬぐうのは大変です。ターゲットが自分のメッセージをみてどう感じるか、本当にパーソナルトレーナーを頼みたいと思う内容となっているかを確認してから発信する必要があります。

ジムでの集客

ジムで働いているパーソナルトレーナーであれば、ジム内のパーソナルトレーナーへの申し込みの掲示板の横にパーソナルトレーナーが自己紹介などを表示できる場所があります。そこにしっかりとどういう指導ができるのかを書きましょう。ターゲットとなる層を書いても良いかも知れません。

セッション中の満足度を高めることが最大の顧客獲得

ここまで集客方法について説明してきましたが、大事なのはお客さんの満足度です。一度指導をしたお客さんが離れてしまわないよう、一回一回の指導内容を充実させるように努力することが大切です。

集客には資格も大切

パーソナルトレーナーを選ぶ場合、決め手の1つとなるのが資格の有無です。お客さんがパーソナルトレーナーを探すとき、よっぽどの実力者でない限りは、無資格者や経験の浅いトレーナーを選ぶことはありません。まずは資格を取得することで、運動指導に対する知識や技術があることを示し信頼を獲ましょう。

資格取得を目指す場合は独学でもいいですが、独学では知識や技術が偏ってしまうこともあります。また、独りでの勉強は続けにくいものです。

スクールで資格取得を目指せば、同じ目標を掲げる仲間と出会い、切磋琢磨して知識・技術を身に着けることができます。また、集客のアドバイスも受けやすいでしょう。

就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較 就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較
サイドバー写真

大阪でパーソナルトレーナーを目指すなら、短期間で必要なノウハウが身に付き、手厚い就職サポートが受けられるパーソナルトレーナー専門校がおすすめ。大阪の2校をピックアップして、徹底比較しました!