就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較! » パーソナルトレーナーになるにはどうしたらいい? » 未経験からパーソナルトレーナーになる方法

未経験からパーソナルトレーナーになる方法

未経験からパーソナルトレーナーになるには

パーソナルトレーナーは、資格の取得や国家試験に合格しないとなれないというものではありません。未経験の人でも、すぐにパーソナルトレーナーになることは可能です。

しかしながら、パーソナルトレーナーとして仕事をしていく上で、知識やスキルは必要不可欠になります。

もちろん「今日から自分はパーソナルトレーナーです」といっても、勝手に仕事が舞い込んでくるわけではありません。

パーソナルトレーナーとして仕事をしていく上では、体育大学やスポーツ関連の専門学校を卒業し、スポーツジムやフィットネスクラブに就職するという方法が一般的です。

どんなスキル・知識が必要?

スキル:トレーニング方法・コーチング・コミュニケーション能力

言うまでもなくパーソナルトレーナーとして、トレーニング方法を熟知することは必須です。

年齢、性別、目的などを考慮し、一人ひとりに合ったトレーニングを行うことが、パーソナルトレーナーとして最も大切なことといえるでしょう。そのためにも身体の構造や負荷をかけた際の反応など、学術的な知識を身につける必要もあります。

また、一人ひとりに合ったトレーニング方法を見つけるためには「コーチング」と呼ばれるスキルが必要になります。

コーチングとは、対話の中でコミュニーケーションをとり、その人の自己実現や目標達成へと導くことを目的とします。モチベーションの維持や信頼関係の構築など、マンツーマンだからこそ特に重要なスキルとなります。

知識:食事管理

理想的な体づくりを実現する上で必要なのが食事管理です。

筋肉量を増やして身体を大きくしたい人と、脂肪を燃焼させてダイエットしたい人では食事の内容は全く異なります。

一人ひとりの目的に合った食事を提案するためにも、栄養学などの専門的な知識が必要です。

近年はプロスポーツ選手など、個人的に栄養士を雇う人も増えてきています。

栄養士と連携してトレーニングの効果を最大限発揮できるような総合的なプランを考えることもパーソナルトレーナーにとって大切です。

スクールをうまく活用して勉強しよう!

トレーニング方法や食事管理に関する知識など、独学では時間と労力がかかります。

一方、パーソナルトレーナー養成スクールでは、効率的に学習することができます。それぞれのスクールによってカリキュラムに違いはありますが、未経験からでも2ヶ月から1年でパーソナルトレーナーとして最低限必要な知識を習得することを目標としています。

初学者にとって、運動機能や栄養学など専門的な知識の習得には想定より時間がかかることがあるので、プロに教えてもらうことで学習時間を短縮することが可能です。

また、スクールの最大のメリットとして「実技講習が受けられる」という点が挙げられます。

実際にクライアントを想定したレーニング指導の方法を体験することで、より実践的な学習ができ、仕事をする上でも即戦力として活躍することに繋がります。

その他にも就職や認定資格の取得をサポートしてくれるスクールもあるので、うまく活用してみるとよいでしょう。

未経験OKなジムやスポーツ施設に就職

トレーニングジムやスポーツ施設では、未経験でもパーソナルトレーナーを募集しているケースがあります。そういったところに就職し、研修や実務を通して経験を積み、プロのパーソナルトレーナーを目指すというのも一つの方法です。

将来的に独立して、個人でジムを経営することを考えている場合も、一度就職して経営方法などを学ぶことも強みとなるでしょう。

未経験者が採用されるのが難しい点

基本的にパーソナルトレーナーの求人は大手でない限り、あまり多くはありません。

未経験での採用もありますが、やはり経験者やスクールで学んだ人と比較して難しいのが現状でしょう。

また、スポーツ選手や長年トーレニングをしている人は、未経験のパーソナルトレーナーよりも知識や経験が豊富なケースもあります。

パーソナルトレーナーとしての経験がないことで、クライアントからの信頼を損なう可能性があるため、企業としてはリスクを取りたくないと考えるのは必然でしょう。

就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較 就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較
サイドバー写真

大阪でパーソナルトレーナーを目指すなら、短期間で必要なノウハウが身に付き、手厚い就職サポートが受けられるパーソナルトレーナー専門校がおすすめ。大阪の2校をピックアップして、徹底比較しました!