就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較! » パーソナルトレーナーになるにはどうしたらいい? » パーソナルトレーナーの仕事内容とは?

パーソナルトレーナーの仕事内容とは?

パーソナルトレーナーってどんな人?

パーソナルトレーナーという言葉を聞いて、どういう仕事をしているのかをなんとなくイメージできる人は多いのではないでしょうか。その名の通り、パーソナルなトレーナー、つまり運動に関する個人的な指導者を指します。ジムなどに在籍し、お客さんに対して筋トレメニューを考えたり、器具の効果的な使い方を指導するといったイメージをお持ちの人が多いでしょう。実際に、概ねそのイメージでパーソナルトレーナーの仕事内容は間違っていません。

しかしながら、パーソナルトレーナーが行っている業務を全て把握している人はあまり多くないでしょう。個人のお客さんの運動の指導だけでなく、時には務めているジムの事務作業を行ったり、プロのアスリートやチーム専属のトレーナーであれば試合前の精神的なサポートや考え方の指導などを行う事もあります。実はパーソナルトレーナーといっても働いている場所や対象となるお客さんによっても仕事内容が大きく変わるのです。ここでは、パーソナルトレーナーの仕事内容や資格はどういったものが必要となるのか、どこでパーソナルトレーナーとして活躍するのかといったことを説明していきます。

パーソナルトレーナーのニーズ

パーソナルトレーナーと一言にいっても、働く場所や対象となるお客さんで仕事内容が変わると言いました。多くの人が持っているイメージ通り、基本的にはお客さんに対して、運動の指導を行うのが仕事です。現在では、女性・男性、小学生からお年寄り、プロのアスリートから普段運動をしない人まで、様々な人がパーソナルトレーナーを付けて運動をしています。社会的にも適度な運動をして健康を維持していくことの重要性が高まっており、パーソナルトレーナーの仕事としての人気もニーズも高まっています。

こういった現状を踏まえ、都市部を中心としてパーソナルトレーナーの在籍しているジムの数も増えており、パーソナルトレーナーを養成するスクールも同様に増えています。パーソナルトレーナーの需要は今後も高まっていくことが予想されます。と同時に、パーソナルトレーナー同士の競争もより激しくなることが考えられます。成功したいのであれば、自分だけの指導方法や他とは違う何かを持ったパーソナルトレーナーになる必要があるのです。

パーソナルトレーナーの仕事内容

パーソナルトレーナーの仕事内容は指導する相手と働く場所で変わります。ですが、基本となる指導は原則として変わりません。ここではパーソナルトレーナーの仕事の中核となる項目について説明します。

トレーニングの指導

まずはトレーニングの指導がパーソナルトレーナーのメインの仕事と言えるでしょう。運動のトレーニングの指導を受けたくてパーソナルトレーナーを選ぶ人がほとんどなので、専門的なトレーニングの知識が必要となります。

例えばジムであれば、ジム専属のパーソナルトレーナーがいるので、指導をお願いすると、理想の体型や鍛えたい筋肉、落としたい体重などを細かにヒアリングし、適切なトレーニング強度と回数を提示してくれます。単にトレーニングメニューを渡されただけでは続かないので、しっかりと継続して続けられるように楽しみながらトレーニングをできるような工夫をしてくれます。

これがプロのアスリートへの指導であれば、パフォーマンスを高めるために必要なトレーニングやインターバルの取り方、休息日の取り方など、生活面にも関係する指導が加わります。食事の管理を行うこともあります。対象となる相手が変わるだけで仕事内容も異なるというのはこのためです。

精神面でサポートしながら健康やパフォーマンスアップを目指す

トレーニングの話ばかりをしてきましたが、特にプロのアスリートを指導する場合は、精神面のサポートも行うことがあります。試合に向けての気持ちの持っていき方や、日々のトレーニングへの考え方を指導するのが一般的です。ジムに通う主婦への指導であっても、次もさぼらずにジムに来たいと思うようにトレーニングを楽しく感じてもらう工夫をしたり、より健康になるために日々の生活で気を付けることなどを指導したりすることもあります。

お客さんの希望に合わせて、指導方法や内容を変え、健康を目指す、あるいはパフォーマンスを高めることが大事になります。筋肉のトレーニングだけでなく、精神面でもサポートし、総合的な指導を行うのがパーソナルトレーナーの仕事です。

パーソナルトレーナーになるために必要な資格

ここまでパーソナルトレーナーとは何なのかを説明してきまし。すぐにパーソナルトレーナーになりたいと思った人もいるのではないでしょうか。ここで気になるのが資格です。パーソナルトレーナーになるためには資格が必要なのでしょうか。

結論から言うと、パーソナルトレーナーに必要な資格というのは定義されていません。民間資格も含めて色々なトレーナーの資格があり、一般的なものでは「健康運動指導士」、「NSCA-CPT」、「NESTA-PFT」などが挙げられます。特定の資格を取ればパーソナルトレーナーになれるというわけではないので、どの資格を目指すのもありですが、ジムやスタジオで働く場合、就職時に指定の資格を求められることがあるため、予めどの資格が必要となるのかを知っておくことが重要です。スクールに通って勉強する場合は、スクール卒業後に受験できる資格を紹介していることも多いので、スクール選びの1つの基準にもなるでしょう。

パーソナルトレーナーになるためのスクール

パーソナルトレーナーになるためには人にトレーニングの指導ができるくらい、トレーニングや体の仕組みについて知識・技能が必要となります。上述の通り、パーソナルトレーナーになるために必要な資格は定義されていませんが、多くの人が資格を取得してパーソナルトレーナーとして働いています。お客さんからしても、パーソナルトレーナーが何か資格を持っている方が選びやすいというのもあるでしょう。独学でパーソナルトレーナーに必要な知識・技能を身につけることもできますが、一人だと効率が悪いということもあるでしょう。パーソナルトレーナーになるためのスクールは大きく分けると、3つあり、1つ目は大学、2つ目は専門学校、3つ目はトレーナースクールです。特徴としては、お金も時間もかかってしまうけれどもしっかりとした知識や多方面の技能を身につけることができるのが大学、より専門性の高い知識・技能に特化したのが専門学校、時間もお金も抑えながらパーソナルトレーナーの勉強ができるのがトレーナースクールといったところです。自分の状況に合わせて選択するのが良いでしょう。

就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較 就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較
サイドバー写真

大阪でパーソナルトレーナーを目指すなら、短期間で必要なノウハウが身に付き、手厚い就職サポートが受けられるパーソナルトレーナー専門校がおすすめ。大阪の2校をピックアップして、徹底比較しました!