就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較! » パーソナルトレーナーになるにはどうしたらいい? » パーソナルトレーナーの1日

パーソナルトレーナーの1日

パーソナルトレーナーの1日を知りたい!

パーソナルトレーナーはその名の通り、スポーツや運動を行う人に向けて指導を行う立場の人を指します。最近では人気も高まっており、知名度も上がっています。有名選手のパーソナルトレーナーからジム専属のパーソナルトレーナーまで様々な環境で活躍しているパーソナルトレーナーは憧れの職と言っても過言ではありません。しかしながら、パーソナルトレーナーがどんな一日を送っているのか具体的に知っている人は少ないのではないでしょうか。ここではパーソナルトレーナーの一日の過ごし方を紹介します。

1日の流れ

ジムのパーソナルトレーナーの1日の流れは、具体的に次の流れのようになります。

パーソナルトレーナーは会社員と同じく、ジムへ出勤します。ジムの開く時間によって出勤時間は変わりますが、概ね朝のことが多いです。もちろん、個別トレーニングの指導を行っている場合は、それに合わせた出勤などもあり、柔軟な勤務時間となることもあります。パーソナルトレーナーとしての指導以外には、ジム内の簡単な清掃や受付事務などの作業も行います。ジムに所属しているため、ジムの運営方針によって会議への参加や勤務時間の調整などのマネジメント部分も行う可能性があります。そして肝心のパーソナルトレーニングですが、まずはお客さんのトレーニングメニューの考案、実際のトレーニングの指導、食事メニューの考案などを行います。一見簡単そうに見えますが、お客さん一人一人に合わせたトレーニングメニュー・食事メニューを考える必要があり、お客さんのその日の体調などを確認しながら臨機応変に対応する必要があるため、一筋縄ではいかない場面もあるでしょう。

パーソナルトレーナーについてもっと詳しく知りたい!

そもそもパーソナルトレーナーはどんな仕事をしているのでしょうか。前述の通り、スポーツや運動する人を指導しているのですが、様々な指導の方法があります。まずは、スポーツや運動なので筋肉の動かし方、鍛え方などの肉体的な面を指導すること、そして、スポーツを真剣に行う人に向けてモチベーションの保ち方や記録の目指し方などの精神的な面の指導、最後に目標を目指すにあたってどのように食事を管理してどんなものを食べるべきか控えるべきかといった栄養学の側面からの指導といった多面的な指導を行っています。

働く場所によって多少の違いがある

パーソナルトレーナーの1日を紹介しましたが、パーソナルトレーナーは働く場所によってそれぞれ役割や求められるものが違います。例えば、プロスポーツ選手のパーソナルトレーナーであれば、個人やチームに専属という形で働くため、チームの遠征に帯同したり、時には海外遠征といったこともあります。一方で、ジムのパーソナルトレーナーであれば、毎日出勤し、お客さんの筋トレメニューや食事メニューを考えると言った仕事内容になります。パーソナルトレーナーと一言に言っても、様々な生活スタイルがあるのです。プロスポーツ選手のパーソナルトレーナーは一握りなので、先に紹介した1日の流れは、一般的なジムのパーソナルトレーナーの働き方となります。

まとめ

パーソナルトレーナーは憧れの職業としても挙げられますが、自分の体調管理だけでなくお客さんの体調管理、そして精神的・肉体的・栄養学的な側面からの指導ができる存在です。ジムに勤務しているパーソナルトレーナーは事務仕事などの作業も行う必要がある場合がありますが、体を動かすことが好きという方に向いている職業であることは間違いありません。

就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較 就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較
サイドバー写真

大阪でパーソナルトレーナーを目指すなら、短期間で必要なノウハウが身に付き、手厚い就職サポートが受けられるパーソナルトレーナー専門校がおすすめ。大阪の2校をピックアップして、徹底比較しました!