就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較! » パーソナルトレーナーになるにはどうしたらいい? » パーソナルトレーナーは独学でなれるのか?

パーソナルトレーナーは独学でなれるのか?

ここでは、独学でもパーソナルトレーナーになれるのか、まとめて解説しています。

パーソナルトレーナーは独学でもなれるのか?

パーソナルトレーナーという資格はない

そもそも「パーソナルトレーナー」を名乗るために不可欠な国家資格や専門資格は存在しません。そのため、パーソナルトレーナーは極論すれば「誰でもその日からなれる職業」であり、独学でパーソナルトレーナーとして活動することも可能です。

資格のないパーソナルトレーナーに顧客はつかない?

パーソナルトレーナーは国家資格のない職業であるからこそ、顧客や企業からの信頼を得ようとすれば、他の手段によって能力や価値を積極的にアピールする必要があります。 そのために役立つのが、様々な団体が発行しているフィットネス関連の認定資格です。実際、パーソナルトレーナーとして活躍している人の大半は、様々な資格を取得しています。

パーソナルトレーナーとしての認定資格は独学で取れる?

パーソナルトレーナーとしての能力を証明する認定資格の中には、オンライン講座や認定試験をパスすることで誰でも取得できるものもあります。

ただし、パーソナルトレーナーの認定資格では、単なるトレーニング方法だけでなく、スポーツ医学や栄養学など、複数の分野について専門的な知識を問われることが大半です。そのため、完全に独学で資格を取得しようとすれば、目的意識を非常に強く持って勉強することが欠かせません。

大会での入賞経験が役立つこともある

認定資格だけでなく、スポーツやフィットネスに関連する大会での入賞実績が役立つこともあります。しかし、自己流のトレーニングによって大会で結果を出せたとしても、指導対象となる人の体質や運動経験などを見極め、ケガや傷害が発生しないよう正しく指導できるとは限りません。

パーソナルトレーナーで重要となるのは実戦経験

認定資格や入賞経験は、パーソナルトレーナーとしての存在感をアピールする材料として効果的です。とはいえ、実際の現場で活躍するパーソナルトレーナーにとって最重要なものは、あくまでも適切で臨機応変な指導力と、目の前の顧客と信頼関係を築けるコミュニケーション力といえます。

そして指導力やコミュニケーション力は、テキストだけで身につけられるものでなく富な実戦経験が何よりも重要です。

資格と実戦経験の両方を同時に得られるパーソナルトレーナースクール

トレーナーとして実戦経験を積もうと思えば、フィットネスジムやスポーツ施設などで働くという方法があります。ですが、仮に資格を持っていても、実際の指導経験のない人間がいきなり顧客を任せてもらえる可能性は低いでしょう。また、個人でジムを開業しても、実績がなければ顧客も増えません。

一方、パーソナルトレーナーの養成スクールでは、経験豊富なプロ講師による実践的な授業を通して、基礎から応用分野まで専門知識を学べるため、資格と実務能力の両方の獲得を目指せる点がメリットです。加えて、スクールによっては卒業と同時に資格を取得できることもあります。そのため授業料や通学が必要なものの、効率性や確実性を考えれば、自分のニーズや条件に適したスクールを上手に利用することがパーソナルトレーナーを目指す上で近道です。

就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較 就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較
サイドバー写真

大阪でパーソナルトレーナーを目指すなら、短期間で必要なノウハウが身に付き、手厚い就職サポートが受けられるパーソナルトレーナー専門校がおすすめ。大阪の2校をピックアップして、徹底比較しました!