就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較! » パーソナルトレーナーになるにはどうしたらいい? » パーソナルトレーナーは独学でなれるのか?

パーソナルトレーナーは独学でなれるのか?

ここでは、独学でもパーソナルトレーナーになれるのか、まとめて解説しています。

パーソナルトレーナーは独学でもなれるのか?

パーソナルトレーナーという資格はない

そもそも「パーソナルトレーナー」を名乗るために不可欠な国家資格や専門資格は存在しません。そのため、パーソナルトレーナーは極論すれば「誰でもその日からなれる職業」であり、独学でパーソナルトレーナーとして活動することも可能です。

資格のないパーソナルトレーナーに顧客はつかない?

パーソナルトレーナーは国家資格のない職業であるからこそ、顧客や企業からの信頼を得ようとすれば、他の手段によって能力や価値を積極的にアピールする必要があります。 そのために役立つのが、様々な団体が発行しているフィットネス関連の認定資格です。実際、パーソナルトレーナーとして活躍している人の大半は、様々な資格を取得しています。

パーソナルトレーナーとしての認定資格は独学で取れる?

パーソナルトレーナーとしての能力を証明する認定資格の中には、オンライン講座や認定試験をパスすることで誰でも取得できるものもあります。

ただし、パーソナルトレーナーの認定資格では、単なるトレーニング方法だけでなく、スポーツ医学や栄養学など、複数の分野について専門的な知識を問われることが大半です。そのため、完全に独学で資格を取得しようとすれば、目的意識を非常に強く持って勉強することが欠かせません。

大会での入賞経験が役立つこともある

認定資格だけでなく、スポーツやフィットネスに関連する大会での入賞実績が役立つこともあります。しかし、自己流のトレーニングによって大会で結果を出せたとしても、指導対象となる人の体質や運動経験などを見極め、ケガや傷害が発生しないよう正しく指導できるとは限りません。

パーソナルトレーナーで重要となるのは実戦経験

認定資格や入賞経験は、パーソナルトレーナーとしての存在感をアピールする材料として効果的です。とはいえ、実際の現場で活躍するパーソナルトレーナーにとって最重要なものは、あくまでも適切で臨機応変な指導力と、目の前の顧客と信頼関係を築けるコミュニケーション力といえます。

そして指導力やコミュニケーション力は、テキストだけで身につけられるものでなく富な実戦経験が何よりも重要です。

資格と実戦経験の両方を同時に得られるパーソナルトレーナースクール

トレーナーとして実戦経験を積もうと思えば、フィットネスジムやスポーツ施設などで働くという方法があります。ですが、仮に資格を持っていても、実際の指導経験のない人間がいきなり顧客を任せてもらえる可能性は低いでしょう。また、個人でジムを開業しても、実績がなければ顧客も増えません。

一方、パーソナルトレーナーの養成スクールでは、経験豊富なプロ講師による実践的な授業を通して、基礎から応用分野まで専門知識を学べるため、資格と実務能力の両方の獲得を目指せる点がメリットです。加えて、スクールによっては卒業と同時に資格を取得できることもあります。そのため授業料や通学が必要なものの、効率性や確実性を考えれば、自分のニーズや条件に適したスクールを上手に利用することがパーソナルトレーナーを目指す上で近道です。

養成校に通うメリット

より実践的な実技を学べる

学校で勉強する際に講師を務めてくれるのは、多くの場合実際に現場で活躍するパーソナルトレーナーです。そのため基礎的な知識、専門的な知識はもちろん、実際の現場に即した実技を学ぶことが出来るのが強みと言えます。

トレーナーとして活躍するためには筋肉や関節などの解剖学、どのように体が動く構造となっているのかを知る運動学などの基礎的な知識や、筋力を付けるためのトレーニングの理論、方法などが理解出来ているのは必須です。独学ではそういった専門的な知識を身に付けるのは困難なので、プロの指導を受けるメリットは大いにあります。

また実際に現場に出た際に必要なのは、依頼を受けたお客さんの現状を評価出来ること。そして、状況を改善するためのエクササイズを立案する能力です。お客さんは本格的なスポーツ動作のパフォーマンス向上を目指す方から、ダイエット目的の方まで様々います。

目標を達成するためには、まずそのお客さんにどんな問題点があるのか、それを改善していくにはどのような運動をしていけばいいのかを明確に判断できなければなりません。机上の勉強だけではとても身に着けることは出来ませんので、学校で実技をしっかりと勉強することは、トレーナーとしての基盤を作るのにとても重要な要素となります。

カウンセリング力が身につく

学校では自分以外の学生や講師と共に勉強していくことになります。実技の分野に関してはパートナーを組んで行うことになるので、実際にカウンセリングやトレーニング指導をすることによって実践的な練習になるのです。講師やパートナーからのフィードバックを得ることも出来るので、実際の現場のイメージを作りやすいでしょう。

また、お客さんの現状を把握するにはカウンセリング能力もとても重要な要素となります。特にこのカウンセリングについては一人では練習することは出来ないので、学校に通う上での大きなメリットになります。

就職のサポートがある

養成校では資格取得のサポートはもちろん、提携している就職先が豊富にある学校もあるので、資格取得、卒業後の就職サポートも手厚く行ってくれます。せっかく資格を取得しても働き口がなくては宝の持ち腐れになってしまいますので、就職のサポートがあるのは学校の大きな強みです。

また、講師の働き方や卒業生の就職先などの情報を得られるのもポイントのひとつ。パーソナルトレーナーとして幅広く活躍するイメージを持ちやすく、スムーズに働き始められます。

講師へ質問しやすい環境

独学では疑問に思った点などを解決することが難しいですが、養成校では実績のあるトレーナーが講師を務めている場合が多いので、基礎的な知識はもちろん、より実技に関しての詳しい質問がしやすいです。

実際に現場に出て経験を積んでいる講師ですから、疑問に関しての解決策やアドバイスをもらえます。自身のスキルアップがしやすい環境であると言えるでしょう。

通いやすい環境

大学や専門学校は全日制で働いている人には通うことは難しいですが、専門学校の一部やパーソナルトレーナー養成スクールでは授業は平日の夜、もしくは休日に行われています。働いている人でも通いやすい環境なのが魅力です。

学費を抑えられる

専門学校や大学などの全日制の学校と比較すると、学費は安く抑えられます。スクールによってばらつきはありますが、相場は半年の受講で40~60万円、1年間で100万円ほどが多いようです。

養成校に通うデメリット

費用がかかる

パーソナルトレーナーの養成校には大きく分けて大学、専門学校、パーソナルトレーナー養成スクールがあります。それぞれ学校ですので、当然学費が掛かってしまいます。学校の種類はもちろん、選ぶ学校によって掛かる学費には差がありますが、決して安価とは言えません。

専門学校では平均学費が2年間で200~300万円、養成スクールではばらつきが大きいですが半年の受講で40~60万円、1年間で100万円を越える場合が多いようです。

学習出来る時間に限りがある

学校での学習はカリキュラムや日程がしっかりと決まっています。特に養成スクールでは授業の日数や時間は全日制と比較するとかなり少なくなっていますので、個々の知識の土台や能力によっては学校の授業のみでの勉強時間では足りない場合が出てきます。

そのため、学校に通って勉強しているからといって安心出来ない部分もあり、パーソナルトレーナーとして活躍するには、自身の時間を削って勉強する必要があるでしょう。

現場での実習が少ない

専門学校ではカリキュラムの中に、スポーツやフィットネスの現場での実習がある学校も。働く前に実際にトレーナーの仕事を間近で見ることが出来ることや、働いているスタッフと接することが出来るのは良い経験となります。養成スクールでは現場での実習はあまりないようで、全日制との差はあると言えるでしょう。

就職先のフォロー

スクールによっては、養成講座終了後の就職まではあまりフォローしてくれないスクールもあるようです。もちろんメリットに記載した通り手厚いフォローをしてくれるスクールもあるようなので、事前に確認する必要があります。

専門学校に通うメリット

大学よりも学費が安価

資格取得までにはどうしても学費が掛かってしまいますが、全日制の学校(大学か専門学校)で比較すると、専門学校は平均学費が2年間で200~300万円、大学では平均学費が4年間で400~500万円掛かります。専門学校の方が費用を抑えることができ、短期間で資格取得を目指せるでしょう。

効率良く学習出来る

充実した設備とより専門的なカリキュラムで、学びたい内容をより効率的に学ぶことが出来ます。

現場での実習がある

専門学校では、ジムやスポーツ現場での実習がカリキュラムに組まれています。実際に現場を見られるのは、大きなメリットです。

専門学校に通うデメリット

 費用がかかる

専門学校は平均学費が2年間で200~300万円掛かります。

資格取得までの期間が長い

パーソナルトレーナーを目指す方法として、2年間は期間としては長いです。養成スクールや通信教育を使えば短期間で資格取得が目指せます。

大学に通うメリット

幅広いジャンルを勉強出来る

大学では専門的なジャンルに限らず自分の興味のある分野を幅広く学ぶことが出来ます。

 NSCA-CSCSが取得出来る

CSCSは上位資格で、プロのアスリートに対する介入を目指す人にとって重要な資格です。NSCA-CSCSは受験の条件に4年制大学の卒業が定められていますので、大学を選ぶ必要があります。

大卒の肩書きが手に入る

現在の日本は学歴を重視する企業も多いため、大卒という肩書きは卒業後の就職活動に優位に働くことがあります。

大学に通うデメリット

学費が高い

4年間という長い期間を掛けて勉強していく為、平均で400~500万円の高額な学費が掛かってしまいます。

学習時間、期間が長い

4年間で指定のカリキュラム(単位)を取得する必要がありますが、専門学校よりも選択肢が広くなっています。しかし学習期間が長いため、社会人からトレーナーを目指す人にとっては選択肢に入れるのは難しいでしょう。

就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較 就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較
サイドバー写真

大阪でパーソナルトレーナーを目指すなら、短期間で必要なノウハウが身に付き、手厚い就職サポートが受けられるパーソナルトレーナー専門校がおすすめ。大阪の2校をピックアップして、徹底比較しました!