就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較! » 大阪ハイテクノロジー専門学校

大阪ハイテクノロジー専門学校

ここでは、大阪ハイテクノロジー専門学校の特徴、講師、講座内容や料金などを紹介します。

就職に強い「大阪のパーソナルトレーナースクール」徹底比較

大阪ハイテクノロジー専門学校の特徴

2020年誕生!4つの最新専攻科目を選択できる

大阪ハイテクノロジー専門学校では、2020年に誕生する最新専攻科目が導入されます。

具体的には、今後需要が増していく「アスレティックトレーナー専攻」「ストレングス&コンディショニング専攻」「ライフスポーツ専攻」「フィットネスインストラクター専攻」の4つが魅力的。

各専攻科目の特徴は以下の通りです。

  1. アスレティックトレーナー専攻
    スポーツドクターと連携しながら、トップアスリートの健康管理やケガの予防、救急処理、ケガに強いハイパフォーマンスな体づくりを学べるアスレティックトレーナー資格を目指せます。
  2. ストレングス&コンディショニング専攻
    一人ひとりの目的に合わせたエクササイズプログラムを作成し、指導を行うためのNSCA認定パーソナルトレーナー資格を目指せます。
  3. ライフスポーツ専攻
    歳をとっても健康に健やかに過ごしたい方に向けて、健康づくりの運動やエクササイズを指導できる健康運動実践指導者を目指せます。
  4. フィットネスインストラクター専攻
    フィットネスクラブで働くための基礎と店舗運営等の知識やスキルを学べます。目指せる資格は、フィットネスクラブ・マネジメント技能検定3級です。

2年間4段階に分けたカリキュラム

大阪ハイテクノロジー専門学校のスポーツ科学科では、2年間4段階に分けて、より実践的なカリキュラムが用意されています。

具体的には、1年次で「基礎科目」と「専門基礎」を学び、さまざまな分野での基礎知識の習得を目指します。

2年次では、1年次で学んだ基礎をもとに「専攻科目を選定」し、それぞれの専攻にあった「専門スキル」と「実践的な演習」を実施。

このように、2年間を通して専門的な資格やスキル獲得ためのより実践的なカリキュラムが組まれているのです。

体育教師を目指すための大学編入支援制度

体育教師の倍率は、平成31年度大阪府公立学校教員採用選考テストによると「倍率66.4倍」と非常に狭き門です。

大阪ハイテクノロジー専門学校では、より強みを持った体育教師を育成するため、スポーツ科学科から大学編入をサポート。

具体的には、アスレティックトレーナー資格を武器に体育教師を目指しやすくし、編入時に必要な試験対策もサポートしてくれます。

また編入実績も、鹿屋体育大学(国立)や大阪体育大学、天理大学など多数。

大阪ハイテクノロジー専門学校の講師紹介

井上佳子

【保有資格】

【プロフィール】

要問合せ

大阪テクノロジー専門学校の講座内容と料金

※上記以外にも、別途実習費などがかかる場合があります。詳しは、「大阪ハイテクノロジー専門学校 公式HP(https://www.osaka-hightech.ac.jp/admission/tuition/)」をご参照ください。

大阪ハイテクノロジー専門学校のカリキュラム

2020年に誕生する4つの専攻科目によって、学生ひとり一人に合わせた専門的スキルを学べます。具体的には、スポーツトレーナーやパーソナルトレーナー、シニアトレーナー、チャイルドトレーナーを目指せます。

取得を目指せる資格は、アスレティックトレーナー・ NSCA認定パーソナルトレーナー・健康運動実践指導者・フィットネスクラブ・マネジメント技能検定3級など非常に豊富。

さらにカリキュラムには、学外実習なども積極的に導入されており、専門家から現場の知識を学べます。そのほか、貴重な海外研修の機会も設けられているのも特徴的。

アスレティックトレーナー発祥の地であるアメリカの最先端施設「セリトス・カレッジ」などで高度なスポーツ理論を学べます。

大阪ハイテクノロジー専門学校卒業生の声

大阪ハイテクノロジー専門学校の基本情報

所在地 大阪市淀川区宮原1-2-43
営業時間 要問合せ
定休日 要問合せ
アクセス JR新大阪駅 3F北口を出て「新大阪阪急ビル」経由徒歩5分。大阪メトロ御堂筋線 新大阪駅 2番出口徒歩3分。
サイドバー写真

大阪でパーソナルトレーナーを目指すなら、短期間で必要なノウハウが身に付き、手厚い就職サポートが受けられるパーソナルトレーナー専門校がおすすめ。大阪の2校をピックアップして、徹底比較しました!