就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較! » パーソナルトレーナーになるためのおすすめ資格種類一覧

パーソナルトレーナーになるためのおすすめ資格種類一覧

NESTA-PFT

NESTA-PFTは、フィットネスの本場であるアメリカの大手団体「全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会(NESTA)」が認可する、パーソナル・フィットネス・トレーナー(PFT)の資格です。フィットネス業界では有名で、パーソナルトレーナーとして活躍したい人におすすめの資格といえます。資格取得には人体に関する専門知識やトレーニングの技術だけでなく、ビジネスパーソンとしての考え方の習得が求められます。

NESTA-PFTについて詳しく見る

NSCA-CPT

NSCA-CPTは、全米エクササイズ&コンディショニング協会(NSCA)が認可しているパーソナルトレーナー(CPT)のための資格であり、フィットネス業界で最も人気の資格です。性別や年齢、運動経験にかかわらず、多種多様な人に対して適切な指導を行えるという証でもあり、資格取得には実践的トレーニング技術の習得だけでなく、運動生理学や医学などに基づいた、幅広い知識や思考法を身につけることが必要となります。

NSCA-CPTについて詳しく見る

NATA-ATC

NATA-ATCは、全米アスレティックトレーナーズ協会(NATA)が認定するパーソナルトレーナーの専門資格であり、アメリカ医学会(AMA)でも認められた国家資格です。世界的に最も信頼されているパーソナルトレーナーの資格である反面、世界最高峰の難易度ともいわれ、取得には四年制大学への留学などが必要です。

NATA-ATCについて詳しく見る

JATI-ATI

JATI-ATIは日本トレーニング指導者協会(JATI)が認定する、トレーニング指導者(ATI)の専門資格であり、基礎的な位置づけの資格として、科学的根拠に基づいた運動メニューの作成やトレーニング指導ができることを示します。NESTA-PFT、NSCA-CPTと並んでフィットネス業界3大資格の1つであり、国内でパーソナルトレーナーを目指すならばおすすめの資格です。なお、さらに上位の資格があります。

JATI-ATIについて詳しく見る

JATAC-ATC

JATAC-ATCは、ジャパン・アスレチック・トレーナーズ協会(JATAC)が認定する専門資格です。資格取得は簡単ではありませんが、スポーツ医学に基づいた運動指導によって、プロのアスリートから一般人まで様々な対象者のスポーツ外傷や障害を予防できるため、資格取得後は活躍の幅を一層に広げることが可能です。

JATAC-ATCについて詳しく見る

JHCA-FC

JHCA-FCとは、日本ホリスティックコンディショニング協会(JHCA)の認定資格であり、FCとはフィジカルコンディショナーを意味しています。JHCAの講習会で、運動指導に関する基本的カリキュラムを修了し、FCとしての専門的スキルを習得することで資格取得が可能です。また、JHCA-HCやJHCA-HCADといった上位資格もあり、より専門的な知識や技術を身につけたエキスパートを目指すこともできます。

JHCA-FCについて詳しく見る

JSPO-AT(旧JASA-AT)

JSPO-ATは、日本体育協会(JASA)によるアスレチックトレーナー(AT)の認定資格です。JSPO-AT取得者は、国内で行われる様々な競技大会や、プロスポーツの試合、さらにはオリンピックで活躍するアスリートを専門家としてサポートします。資格取得にはスポーツトレーナーとしての実績や体育協会などからの推薦といった諸条件があり、一般的にパーソナルトレーナー系の資格として最難関のものといわれています。

JSPO-ATについて詳しく見る

BFR

BFRは「血流制限:Blood Flow Restriction」の略であり、同時にBFRトレーナーズ協会が認定するBFRトレーナーとしての資格です。具体的には、特定部位を専用ベルトで縛って、血流を制限した上でトレーニングを行いますが、実践には内出血や血栓症を防ぐ専門知識が不可欠です。そのため、BFRは正しいBFR指導を行える証明でもあります。3つのレベルがある他、水中トレーニング用の資格もあります。

BFRについて詳しく見る

NASM-PES

NASM-PESは、フィットネス大国のアメリカにおいて理学療法士マイケル・クラーク博士が考案した、安全かつ適切なトレーニング指導に重点を置いた資格です。資格所有者は、高齢者や運動機能が低下した人など、ケガのリスクが高い人にも幅広く指導できるトレーナーとして認められますが、取得には前提条件として4年制大学や国内の認定学校などの卒業資格に加え、アメリカの認定団体の専門資格を取得していることが必要です。

NASM-PESについて詳しく見る

CSCS(NSCA-CSCS)

CSCS(認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)は、NSCAによる認定資格であり、取得者はトレーニング指導だけでなく、ドーピング防止対策や生活習慣の指導といった、生活面からもアスリートを総合的にサポートします。資格取得の難易度は同団体の認定資格であるNSCA-CPTよりも高く、申し込みに複数の条件が定められている上、運動施設の運営や管理まで含めた幅広い知識の習得が必要となっています。

CSCS(NSCA-CSCS)について詳しく見る

トレーニング指導士

トレーニング指導士は日本体育施設協会認定の資格であり、ウェイトトレーニングやサーキットトレーニングといった運動の指導者としての技量を認める証です。取得難易度が比較的低く、パーソナルトレーナーとして気軽にチャレンジする人も多い資格の1つです。

トレーニング指導士について詳しく見る

柔道整復師

柔道整復師は国家資格であり、骨折・脱臼・捻挫・打撲などの治療の他に、運動や筋力トレーニングなどの指導を行うことのできる資格です。国家資格のため資格取得の難易度は少し高く、指定されたスクールに通う必要もあります。取得すれば医療や介護・福祉の業界だけでなく、スポーツ業界での活躍も可能です。柔道整復師からスポーツトレーナーを目指す方も多いです。

柔道整復師について詳しく見る

鍼灸師

鍼灸師は「はり師」と「きゅう師」の2つの資格を持つ方の総称です。「はり師」・「きゅう師」ともに国家資格であり、養成機関に3年以上通った後に受験資格が与えられます。鍼灸師の資格は国家資格なので、民間資格と比べると取得難易度は少し高くなっています。資格を取ればアスリート専属の鍼灸師やパーソナルジム勤務への道が開かれています。

鍼灸師について詳しく見る

CFSC

CFSCはマイク・ボイル氏が創設したファンクショナル・ストレングス・トレーニング認定コースです。受験条件は16歳以上のみなので、誰にでも資格を取得する機会が与えられています。CFSCの主な仕事はアスリートへのトレーニング指導です。アスリート向けのトレーニング指導を受けたいという一般の方が増えているので、フィットネスクラブやパーソナルジムなど、多くの場所で資格を活かすことができるでしょう。

CFSCについて詳しく見る
就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較 就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較
サイドバー写真

大阪でパーソナルトレーナーを目指すなら、短期間で必要なノウハウが身に付き、手厚い就職サポートが受けられるパーソナルトレーナー専門校がおすすめ。大阪の2校をピックアップして、徹底比較しました!