就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較! » パーソナルトレーナーになるためのおすすめ資格種類一覧 » あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師

ここでは国家資格であり、パーソナルトレーナーにも人気の資格「あん摩マッサージ指圧師」について、資格特徴や取得方法などを紹介します。

あん摩マッサージ指圧師とはどんな資格なのか?

あん摩マッサージ指圧師は、国から認められた資格で、揉む、叩く、押す、なでるなどの動作を行うことで、対象の人の体の不調を治します。エステなどのマッサージと比べて、器具は何も用いず、全て手技で行うのが特徴です。エステとは異なり、国家資格としても認められているので、保険を適用することができる場合もあります。医療に準ずる行為として認定されているというわけです。

あん摩マッサージ指圧師と一言で表していますが、施術する内容は按摩とマッサージの2つに分かれています。按摩は揉む、叩く、押す、なでるなどの動作を表しており、東洋医学を基に、体のリンパの流れや血液の流れを改善しながら不調を取り除きます。マッサージは、オイルなどを用いて皮膚の上から刺激し、同様の効果を狙います。両方の施術を合わせて行うことで効果的に身体を改善させることができます。リラクゼーション効果を狙ったエステなどとはこういった点で異なります。

身体の不調を改善させる医療に準ずる行為であるため、取得も難しいのがあん摩マッサージ指圧師の特徴でもあります。他のマッサージ系の資格と比べると必要となる時間も多いため、取得を考える場合は計画的に行うことが重要です。

資格取得するための方法(条件)

あん摩マッサージ指圧師の資格取得には、国家試験を受けて合格する必要があります。

あん摩マッサージ指圧師になるための条件

あん摩マッサージ指圧師の試験を受ける条件は、以下の条件を満たしていることが必要です。

  1. 厚生労働省、文部科学省の認可するあん摩マッサージ指圧師の養成課程がある専門学校や大学で3年~4年学ぶこと
  2. スクールを卒業、または卒業見込みであること

試験について

試験時間

記載なし。試験は毎年1回、2月あたりに行う。

試験内容

受験料

あん摩マッサージ指圧師の資格難易度

合格率は80%以上程度と言われており、実技試験はなく、筆記試験のみの実施です。難易度は高くありませんが、試験範囲も広いため、勉強には時間を要します。あん摩マッサージ指圧師の特徴は資格試験の難易度ではなく、学校に入学することの難易度の高さです。あん摩マッサージ指圧師のカリキュラムがある学校は限られており、定員も少ないためです。

あん摩マッサージ指圧師が活躍できる場面

あん摩マッサージ指圧師は、医療機関だけでなく、スポーツ選手への施術など多岐に渡る活躍の機会があります。医療機関であれば、リハビリテーションセンターなどの大きな施設での仕事が多く、介護施設などでも必要とされています。ジムやフィットネスクラブでもあん摩マッサージ指圧師の資格を持つ方が活躍されています。

資格取得にはスクールを効果的に活用するのがおすすめ

資格の取得難易度は高くありませんが、あん摩マッサージ指圧師養成のコースがある学校が少なく、定員も少ないため、入学するのが難しいのが特徴です。そこでは、3~4年の勉強期間があるので、時間もかかります。資格を取りたいのであれば、学校の入学対策に注力する必要があります。

就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較 就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較
サイドバー写真

大阪でパーソナルトレーナーを目指すなら、短期間で必要なノウハウが身に付き、手厚い就職サポートが受けられるパーソナルトレーナー専門校がおすすめ。大阪の2校をピックアップして、徹底比較しました!