就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較! » パーソナルトレーナーになるためのおすすめ資格種類一覧 » パーソナルトレーナーと機能解剖学

パーソナルトレーナーと機能解剖学

機能解剖学

腕をあげるとき、腕の可動域を広げるためには、どうすればよいでしょうか?また、首肩の緊張を取るときには、どうすればいいでしょうか?

こうした質問にどこの筋肉を緩めればいいのかをパーソナルトレーナーはすぐに答えることができると思います。なぜなら、可動域を広くする運動や身体の緊張を緩めるときには、筋肉や骨・関節との関係を熟知しているからです。

そう、パーソナルトレーナーになるためには、人間の身体のつくりと運動との関係について、深い理解が必要になるのです。この人体の役割を担う筋肉や骨・関節の特徴・働きを知り、人体の運動との関りについて学ぶ学問が機能解剖学になります。この機能解剖学をパーソナルトレーナーが学ぶことの意味やメリットについてここで考えてみましょう。

パーソナルトレーナーが機能解剖学を学ぶメリット

パーソナルトレーナーになったとき、機能解剖学を学ぶことにより、依頼者が身体をどのように整えるとどのように運動機能が向上するのかを把握することができるでしょう。こうした身体の構造上の特徴と運動機能の関りについての知識は、トレーニングメニューをつくるときや身体のケア・リハビリをするときに必要になります。

①機能解剖学とパーソナルトレーナー

パーソナルトレーナーがトレーニングメニューの作成の目的は、依頼者の身体の運動機能をいかにして向上させるかになります。そのとき、身体の筋肉や関節・骨の構造上の特徴や限界を知り、その上で運動機能を効率よく向上させるためには、どのようなトレーニングを組み合わせていけばよいのかを考えていくでしょう。このトレーニングメニューの作成の基礎になるのが、機能解剖学です。機能解剖学を学ぶことにより、パーソナルトレーナーは身体の構造と機能の観点から科学的にトレーニングをできるようになります。

②機能解剖学と身体のケア・リハビリ

また、身体のケア・リハビリでは、依頼者の身体の運動機能をどのようにして回復させるかになると思います。身体のケアでは、どこの筋肉を緩めれば依頼者の疲労の蓄積が取れるのかを考えていきます。また、リハビリでは、身体が何らかの損傷をしているケースがほとんどだと思いますので、その身体の構造上の損傷を把握し、依頼者の身体の機能の回復を考えていきます。このように、身体のケア・リハビリの身体の構造上の負担を減らし、運動機能を回復するのかを考えることの基礎になるのも、機能解剖学といえるでしょう。

機能解剖学とパーソナルトレーナーの関係について理解は深まりましたか?

機能解剖学は、解剖学より、実際のトレーニングの現場で行う作業と密接といえます。そのために、パーソナルトレーナー志望者にとって学ぶことが楽しいと感じることも多いと思います。

また、パーソナルトレーナーになるためには、機能解剖学は重要な位置を占めます。依頼者のトレーニングや身体のケア・リハビリで実際行うことの背景には、この機能解剖学の考え方を基礎にしたものになるからです。

就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較 就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較
サイドバー写真

大阪でパーソナルトレーナーを目指すなら、短期間で必要なノウハウが身に付き、手厚い就職サポートが受けられるパーソナルトレーナー専門校がおすすめ。大阪の2校をピックアップして、徹底比較しました!