就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較! » パーソナルトレーナーになるためのおすすめ資格種類一覧 » JHCA-FC

JHCA-FC

日本ホリスティックコンディショニング協会(JHCA)が認定する3資格の内、最も基本となるフィジカルコンディショナー「JHCA-FC」について、資格の特徴や取得条件、資格取得のメリットなどを総解説します。

JHCA-FCとは?

JHCA-FCは、日本ホリスティックコンディショニング協会が発行している3つの資格の中でも、最も基本となるフィジカルコンディショナー(FC)の認定資格です。 資格の取得には、運動指導のベースとなるストレッチ・トレーニング・バランスなどの技術の習得と、それぞれの体調や能力、目的を考慮した個別プログラムの作成能力が求められます。

JHCA-FCの取得条件

取得方法・条件

JHCA-FCの取得には、前提として以下の2つの条件が必要です。

そしてその上で、筆記試験や実技試験、指導ロールプレイングといった認定試験に合格する必要があります。 なお、体育大学や専門学校の在校生は経験不足を考慮して、ベンチプレスやスクワットなどで体重に応じた基準重量を適切にクリアすることが必要です。

費用

受験料は16,000円(2019年7月現在)で、認定試験合格後にライセンス登録料として別途5,000円がかかります。なお、JHCAへの会員登録がまだの人の場合、会員登録料がさらに必要です。

難易度

JHCA-FCは国内のフィットネス業界でも人気の資格であり、JHCAの認定3資格の内では最も基礎的な資格です。また、幅広い人が資格取得を目指しており、基本的にはそこまで難しい試験ではないでしょう。

ただし、受験科目の1つである実技試験では、ベンチプレスやスクワットなどの基準重量をクリアしなければならず、さらに適正なトレーニングフォームを維持できているかどうかも審査対象となります。そのため、自己流だけでトレーニングを行っている人よりも、きちんとパーソナルトレーナースクールなどで専門的に学んでいる人の方が有利です。

JHCA-FCを取得するメリット

JHCA-FCは国内のフィットネス業界で人気の資格であり、フィットネスジムやトレーニングスタジオによっては、JHCA-FCを持っていなければ採用しないというところもあるようです。

また、高齢者などに対しても個別トレーニングプログラムを作成できるようになるため、単なる運動指導だけでなく、身体機能や運動機能の改善などのサポートも行えるようになります。

JHCA-FCを活かせる場所

JHCA-FCでは、トレーニング前にまず筋機能を正常にする手法を習得します。そのためJHCA-FC取得者は、国内の様々なスポーツ施設でトレーナーとして活躍できる他、リラクゼーション施設などでもスキルを発揮することができます。

特に専門性の高い人材を求めるフィットネスグループなどではJHCA-FCの所持が求人条件に入れられている場合もあり、資格を活用できる場所は多いでしょう。

JHCA-FCの効果をさらに高めるパーソナルトレーナースクール

JHCA-FCは基礎的な資格ですが、認定試験では様々なジャンルのトレーニング指導能力が審査されるため、パーソナルトレーナースクールなどで専門的に学んでおくことは資格取得で大いに役立ちます。

また、スクールでは知識を詰め込むだけでなく、体の使い方からきちんと学べるため、実技試験やさらに上位資格へチャレンジする際も安心感が高まります。

就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較 就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較
サイドバー写真

大阪でパーソナルトレーナーを目指すなら、短期間で必要なノウハウが身に付き、手厚い就職サポートが受けられるパーソナルトレーナー専門校がおすすめ。大阪の2校をピックアップして、徹底比較しました!