就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較! » パーソナルトレーナーになるためのおすすめ資格種類一覧 » ジュニアスポーツ指導員

ジュニアスポーツ指導員

子どもたちにスポーツを教える健康的な社会や国際的な競争力のあるスポーツ立国の基本となる仕事にたずさわるジュニアスポーツ指導員に関心を示す人が増えています。ここでは、ジュニアスポーツ指導員資格の特徴や取得方法などを紹介します。

ジュニアスポーツ指導員とはどんな資格なのか?

ジュニアスポート指導員は、公益財団法人日本スポーツ協会の認定する資格です。日本スポーツ協会では、2011年に創立100年を迎え、日本オリンピック委員会(JOC)ともに新たな100年に向かうべく「スポーツ宣言日本」を公表しています。

スポーツは、自発的な運動の楽しみ基調とする人類共通の文化であり、スポーツの文化的特性が尊重されるなかで、個人的にも社会的にも豊かな意義と価値を望めます。青少年の教育として、人々の交流のためにも幸福を追求し健康で文化的な生活を営む上で不可欠なものとなっています。

将来の日本社会が健康で活力あるものとしていくためには、将来を担うべき子どもたちのスポーツ教育も不可欠になってきます。ジュニアスポーツ指導員はまさに、このような未来の担い手たる子どもたちのためによりよいスポーツ教育を提供するために制定されています。

子どもにスポーツを指導するということは、精神的にも肉体的にも大人とは異なった配慮が必要になります。たとえば、成長過程にある子どもたちのためには過度な筋肉トレーニングは禁物。学業や周囲との人間関係との両立…など、子どもとスポーツを知りつくした専門家としての指導員が求められています。

ジュニアスポーツ指導員資格は、このようなニーズを満たす人材を育成することを目的としていて、学校や地域社会を含む幅広い分野から期待を集めています。

資格取得するための方法(条件)

ジュニアスポーツ指導員の資格取得には、公益財団法人 日本スポーツ協会による試験を受けて合格する必要があります。

ジュニアスポーツ指導員になるための条件

ジュニアスポーツ指導員の試験を受ける条件は、以下の条件を満たしていることが必要です。

        
  1. 受講する年の4月1日現在、満20歳以上の者。

試験について

試験時間

願書〆切りは毎年6月、翌年2月までに講習と筆記試験が行われます。

試験内容

受験料

ジュニアスポーツ指導員の資格難易度

合格率は90%以上といわれおり、共通科目と専門科目の講習を受けた人はおおむね合格できる水準となっています。試験自体は比較的低難易度な資格試験といえますが、講習を受けることが条件となっており、十分な時間が必要となります。また、対象となるのがデリケートな子どもたちなので本気の受講が求められます。

ジュニアスポーツ指導員が活躍できる場面

従来、日本の子どものためのスポーツ指導は小・中・高等学校のサークル活動が中心となっていました。これに対して最近は野球のリトルリーグやサッカーのJリーグ下部組織など地域スポーツクラブも増えてきました。ジュニアスポーツ指導員は、このような地域スポーツクラブで子どもたちに接するのに適した資格と言われています。

資格取得にはスクールを効果的に活用するのがおすすめ

ジニアスポーツ指導員資格の取得難易度は高くありませんが、講習のレベルは低くなく、いきなり講習に参加した場合には苦労する人も多いと言われています。相手が子どもというデリケートな存在でもあり、単に資格取得が目的ではなく、確実な知識で武装した指導員をめざしていくには、スポーツ専門学校などで基礎的な知識を獲得するのもいいアイデアだと思われます。

就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較 就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較
サイドバー写真

大阪でパーソナルトレーナーを目指すなら、短期間で必要なノウハウが身に付き、手厚い就職サポートが受けられるパーソナルトレーナー専門校がおすすめ。大阪の2校をピックアップして、徹底比較しました!