就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較! » パーソナルトレーナーになるためのおすすめ資格種類一覧 » NSCA-CPT

NSCA-CPT

日本国内のパーソナルトレーナー・フィットネス業界において、最も有名な資格ともいわれる「NSCA-CPT」について、資格の特徴や取得条件、資格を取得するメリットなどをまとめてご紹介します。

NSCA-CPTとは?

NSCA-CPTは、全米エクササイズ&コンディショニング協会(NSCA)によるパーソナルトレーナーの認定資格であり、さらに国際的に最も信頼性が高いパーソナルトレーナー認定資格として、1996年から全米資格認定委員会(NCCA)の承認も受けています。

また、国内のパーソナルトレーナー3大資格の1つとしても有名です。

NSCA-CPTの取得条件

取得方法・条件

NSCA-CPTの取得には、いくつかの条件をクリアしなければなりません。以下がその条件です。

まず、NSCA JAPAN会員は、正会員・学生会員・英文会員のいずれであっても構いません。

また、CPR/AEDの認定者として有効とされる条件は、「講習会に実技評価が含まれていること」と「対象となる傷病者が成人であること」というものです。

費用

NSCA JAPANの年会費は、会員種別によって異なり、学生会員で10,800円、正会員で12,960円、英文会員で18,360円となっています。なお、受験料については45,200円(税込)です。(2019年6月現在)

難易度

NSCA-CPTは、高校卒業以上でNSCA JAPANの会員であれば、誰でも受験資格を得られるため、3大資格の中で最も受験までのハードルが低いといえます。

また、合格率は2018年度で75.1%と、およそ3分の2の受験者が合格しています。ただし、試験出題範囲は指導相手への接し方から、具体的なトレーニング指導に関する知識、医学・生理学に基づいたメニュー作成や緊急時の対応についてまで幅広く、油断は大敵です。

NSCA-CPTを取得するメリット

国際的に最も信頼性が高いパーソナルトレーナー認定資格とされており、業界知名度も高いため、分かりやすく自己アピールにつなげることができます。

また、NSCA JAPANでは会員を対象として様々なセミナーや海外研修が実施されている上、認定資格者特典として、NSCA JAPANロゴ入り名刺が作成できたり、NSCA JAPAN指導者賠償責任保険へ加入できたりと、パーソナルトレーナーとして独立を見据えた活動を考えている人にとって魅力的なサービスが提供されています。

NSCA-CPTを活かせる場所

日本全国のフィットネスジムやスポーツチームなどで、NSCA-CPT取得者が活躍しており、またパーソナルトレーナーとして独立開業する際にも、信用度の高い資格は大きな武器に違いありません。

NSCA-CPTの効果をさらに高めるパーソナルトレーナースクール

NSCA-CPTは世界で最も信頼されるパーソナルトレーナー認定資格ですが、それだけでパーソナルトレーナーとしての未来が約束されるわけではありません。むしろ、資格取得後にどう活かしていくかが重要です。

実際、すでに業界で様々な経験を積んでいる人であればまだしも、初心者が資格だけを取得しても、すぐにプロとして活躍することは難しいでしょう。

パーソナルトレーナースクールでは、正しい知識や技術を指導してくれるだけでなく、卒業生の就職支援を行うなど、具体的な道筋を示してくれるため、NSCA-CPTとの相乗効果で未来を切り開いていくことができます。

就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較 就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較
サイドバー写真

大阪でパーソナルトレーナーを目指すなら、短期間で必要なノウハウが身に付き、手厚い就職サポートが受けられるパーソナルトレーナー専門校がおすすめ。大阪の2校をピックアップして、徹底比較しました!