就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較! » パーソナルトレーナーになるためのおすすめ資格種類一覧 » パーソナルトレーナーと生理学

パーソナルトレーナーと生理学

生理学について

解剖学を学ぶことで人体の構造について知ったら、今度は人体が運動するときどのような変化が体内で起きているかを知る必要があります。この人体各部の生理現象について学ぶ体系が生理学です。

生理学の目的は、循環器系や神経系の仕組み、さらには代謝や内分泌系の働きについてなど、身体の中でどのような生理現象が起こっているのかを科学的に知ることです。

 

パーソナルトレーナーが生理学を学メリット

このような生理学を学ぶことは、パーソナルトレーナーになる人にとって、どのようなメリットがあるのかについて考えてみましょう。

①身体の運動についての理解

パーソナルトレーニングの依頼者が、トレーニングやストレッチ、リハビリ等の運動により、どのように人体の変化が起きるのかを、生理学を学ぶことにより理解することができます。

この運動に対する生理学の観点からトレーニング計画を立てることが可能になるでしょう。

②睡眠や生活リズムに関するホルモンの働きについての理解

運動だけでなく、人間の身体は睡眠や生活リズムに関するホルモンの働きが深くかかわっています。ただ単に、依頼者は運動によるトレーニングをすればいいのではなく、どのような間隔で休息を取ったらいいのかなどについても、生理学を学べばわかるようになります。

③適切な食事についての理解

人間の生理機能には、外部から取り入れる食事が大きく影響します。この食事を取るときどのような身体の変化があるのかを生理学で理解することも重要なことになります。栄養学とも関係してきますが、いくら運動しても食事の取り方に気を付けなければ意味をなさないからです。

④ダイエットやボディメイクについての計画作成

①、②、③で示したように、運動や休息、さらには食事といったことを生理学の視点から考えられるようになると、パーソナルトレーニングを実際行うときの依頼者のダイエットやボディメイクについての具体的な計画を作成することができるようになるでしょう。

ダイエットやボディメイクには、脂肪や筋肉、さらには代謝の仕組みをしっかりと理解しておくことが必要になります。

このように生理学は、パーソナルトレーナーが実際に依頼者に指導することに直結する知識となります。それ故に、パーソナルトレーナーの志望者にとり、この生理学を学ぶことは解剖学を学ぶより身近なものに感じることができ、面白いものになります。

生理学を学ぶには?

生理学は大学や専門学校で学ぶことができます。また、パーソナルトレーナー関連の資格取得を通して学ぶことも可能です。また、社会人向けのスクールもあります。

書籍や動画などを見て、独学で学ぶこともできますがやはり一人での勉強には限界があるものです。

わからないことに対して、すぐに質問できる・すぐ回答が得られる環境は早期の学問取得のためには大切です。もし、生理学を学びたいと考えているなら、スクールを検討してみるのもいいでしょう。

就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較 就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較
サイドバー写真

大阪でパーソナルトレーナーを目指すなら、短期間で必要なノウハウが身に付き、手厚い就職サポートが受けられるパーソナルトレーナー専門校がおすすめ。大阪の2校をピックアップして、徹底比較しました!