就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較! » パーソナルトレーナーになるためのおすすめ資格種類一覧 » サプリメントアドバイザーの資格

サプリメントアドバイザーの資格

サプリメントアドバイザーとは

近年、生活習慣の見直しやダイエットなどの健康志向が高まる中、食事だけでは不足しがちな栄養素をサプリメントで補う機会が増えてきています。

専門的な知識がないと、自分にはどのような栄養素が足りていないのか、またどのようなサプリメントを摂取すればよいのかといった判断は難しいでしょう。

そこで健康機能食品について消費者が気軽に相談できる存在としてサプリメントアドバイザーの需要が高まっています。

厚生労働省は2002年、「保健機能食品等に係るアドバイザースタッフの養成」についてのガイドラインを発表しました。それに沿って専門的な知識を消費者に伝えるのがサプリメントアドバイザーです。

サプリメントアドバイザーの資格取得方法

サプリメントアドバイザーに国家資格はなく、民間団体が認定する資格が複数存在し、それぞれの団体によって資格の目的や取得方法が異なります。

一般的な資格のように認定試験に合格して取得するものや、課題テストやレポートを提出することにより取得できるものがあるので、ご自身の用途や目的に合わせて選択することが必要です。

また、人の健康に直接関わる資格のため、更新制度が設けられているものもあり、それらは数年ごとに必要な単位を取得しなければ失効してしまいます。

サプリメントアドバイザーの代表的な資格

サプリメントアドバイザーの代表的な資格として、日本サプリメントアドバイザー認定機構による「NR・サプリメントアドバイザー」認定資格と、日本ニュートリション協会による「サプリメントアドバイザー」認定資格の2つが挙げられます。

NR・サプリメントアドバイザー

栄養を臨床から考える医師や栄養士等で構成される日本サプリメントアドバイザー協会が認定する資格です。

資格を取得するためには日本臨床栄養協会に入会し、通信教育の受講や学術大会への参加を通して学び、年に1度実施される認定試験に合格する必要があります。

また、より質の高いアドバイザーの養成を目的としており、資格は5年に1度の更新があります。

更新には単位の取得やレポートの提出があるので、最新の情報を取得し勉強することが必要です。

サプリメントアドバイザー

ヘルスサポートコンシェルジュとして、サプリメントをはじめ様々な健康食品に関するアドバイスができる専門家として、日本ニュートリション協会が認定する資格です。

日本で最初に認定資格を実施した団体であり、そのためサプリメントに関する資格としては最も取得者が多いものとなっています。

資格の取得方法は、完全通信講座制のもと基礎編、ビジネス編を学び、課題テストとレポートの提出に合格することで取得できます。

資格取得後には、正式に米国ISNFと日本ニュートリション協会に登録され、アメリカの最新情報の配信などのサポートが受けられるようになります。

サプリメントアドバイザーの資格を仕事で活かすには

セルフメディケーションという考えの広がりに伴って、サプリメントアドバイザーの資格を活かす場面も増加してきています。どこで資格が生かせるのか一例を見てみましょう。

薬局・ドラックストア

サプリメントは、薬局やドラックストアで簡単に手に入る一方、専門的な知識が無いと、本当に自分に必要な商品がわかりません。

そこで店舗にサプリメントアドバイザーの有資格者がいることで、アドバイスを受けながら、適切な商品を購入することができます。

また、常駐している薬剤師の方がサプリメントアドバイザーの資格を取得するといったケースもあります。

病院

医師や看護師、管理栄養士など医療現場で仕事をする方が、サプリメントアドバイザーの資格を取得することで、患者の健康状態に合わせた栄養補給のアドバイスができます。

病院から処方された薬を飲んでいる方にとって、自己判断だけでサプリメントを摂取することに不安を感じられることもあるでしょう。

そうした場面でも、サプリメントアドバイザーの資格を有することで、適切かつ安心して患者に提供することができます。

就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較 就職に強いのはどこ!?大阪のパーソナルトレーナースクールを徹底比較
サイドバー写真

大阪でパーソナルトレーナーを目指すなら、短期間で必要なノウハウが身に付き、手厚い就職サポートが受けられるパーソナルトレーナー専門校がおすすめ。大阪の2校をピックアップして、徹底比較しました!